FLUTTER

DEVELOPMENT

Flutter 開発

iOS・Android・Webなどのクロスプラットフォームに対応可能なFlutterアプリ開発

効率的なクロスプラットフォーム開発

Flutterは、Googleが開発したオープンソースのクロスプラットフォーム開発フレームワークで、iOS、Android、Web、Desktopなどに対応。1つのコードベースで効率的な開発が可能で、美しいUI、スムーズなアニメーション、高いパフォーマンスが特徴。豊富なカスタマイズオプションとサードパーティライブラリも充実し、多くの企業や開発者に利用されています。

相談する

あなたのお悩み解決します

開発期間をできるだけ短くしたい
FlutterはiOSとAndroid 両方のプラットフォームで動作するアプリを1つのコードベースで開発できます。
開発運用コストを抑えたい
Flutterはクロスプラットフォーム開発と再利用可能なコンポーネントで開発コストを削減することができます。
最新技術を駆使した
開発を行いたい
JIITAKは最新の技術を活用し、ビジネス/ユーザー課題の解決に向けた最適なソリューションを提供致します。
既存システムの技術が古く、クラウドを活用したモダンな開発ができていない。
JIITAKでは最先端技術を積極的に取り入れています。技術はもちろん、UIUXの観点からも解決策を提示致します。

Flutter 開発

Flutter は、Google が開発したクロスプラットフォームのモバイルアプリ開発フレームワークです。Flutter 開発は、単一のコードベースで、iOS と Android、Web、Desktopなど複数のプラットフォーム向けのアプリを同時に開発可能です。これにより、開発プロセスが効率化され開発スピードが格段に向上し、市場リリースまでの時間を大幅に短縮することができます。

Flutter には、カスタマイズ可能なウィジェットとライブラリが豊富に用意されているため、複雑な UI デザインや高度な機能の実装も簡単に行えるため、高性能かつビジュアルの優れたアプリを構築できます。また、Flutter アプリ開発はネイティブのコードに直接コンパイルされるため、アプリケーションの立ち上がりやアニメーションの動きがスムーズになり、全体的なパフォーマンスの向上が期待できます。

Flutter アプリ開発では、プラットフォームに縛られることのない優れたユーザー体験の提供と、モダンで機能豊富なアプリケーション開発を実現します。

Flutter の特徴

01.

クロスプラットフォーム

  • 単一のコードベース
    1つのコードベースで、iOSやAndroid、Web、Desktopなど複数のプラットフォームに対応するアプリケーションを開発することができます。
  • ホットリロード機能
    開発中にデザインやレイアウトの微調整、機能の追加・修正などを行なっても、アプリを再起動することなく即座に変更されるためリアルタイムなプレビューが可能です。
  • 一貫性のあるUI
    全てのプラットフォームで、同じビジュアル/操作性の、一貫したUI提供が可能です。
02.

開発のスピード

  • 豊富なウィジェット
    Flutterにはウィジェットが豊富に用意されているため、複雑なUIからモダンなUIまで、UIの構築を簡単に行うことができます。
  • 幅広いエコシステム
    サードパーティサービスとの統合や、デバイスの独自機能へのアクセス、アプリケーションへの機能追加のためのプラグインやパッケージなど、幅広いエコシステムがあります。
  • ネイティブ機能へのアクセス
    プラットフォームチャンネルを使用して、固有の機能やAPIへアクセう可能なため、デバイス機能とシームレスな統合が可能です。
03.

ホットリロード機能

開発中にデザインやレイアウトの微調整や、昨日の追加・修正などを行なっても、アプリを再起動することなく即座に変更されるため、リアルタイムなプレビューが可能となります。このスピーディーな反復開発は他のフレームワークとの大きく異なるFlutterアプリ開発ならではの特徴であり、メリットと言えます。

04.

高速パフォーマンス

豊富なライブラリとツールで柔軟かつ効率的なコード記述が可能な、Dartというプログラミング言語を使用します。フレームワークによって自動的にネイティブなコード(JavaやKotlin、Objective-C、Swift)に変換できるため、高速パフォーマンスを実現し、ユーザーにとってはネイティブアプリと同様のユーザー体験を提供します。

05.

多様性やサポート

  • アクセシビリティサポート
    アクセシビリティ機能が組み込まれており、ユーザーの障がいの有無に関わず、どのユーザーにとってもアクセシブルなアプリの構築が可能です。
  • 国際化
    国際化やローカライゼーションのサポートにより、様々な地域や言語に対応したアプリケーションを開発できます。
  • 活発なコミュニティ
    Flutterには大規模な開発者コミュニティがあり、活発な情報交換が行われています。

Flutter の将来性

Flutterは、Googleが開発しているため、強力なバックアップとサポートが期待できます。また、技術的な進化や新機能の追加も継続的に行われるでしょう。さらに、Flutterアプリ開発者コミュニティは非常に熱心であり、知識やアイデアの共有が盛んに行われています。このコミュニティの成長は、開発者にとって重要なリソースとなり、Flutter開発の発展にも寄与しています。

また、Flutterはプラットフォームの進化に対応して定期的にバージョンアップされます。これにより、新機能やパフォーマンスの向上が期待できます。さらに、FlutterではAR(拡張現実)アプリを実装するためのパッケージも利用可能です。これにより、他のテクノロジーとのコラボレーションが可能となり、より高度なパフォーマンス向上が見込まれています。

Googleのバックアップとサポート、熱心なFlutterアプリ開発者コミュニティ、定期的なバージョンアップと新機能の追加、さらにFlutter ARなど他のテクノロジーとの統合によって、Flutter開発はますます成熟していき、クロスプラットフォーム開発において強力なツールとなることが予想されます。これにより、開発者は効率的かつ柔軟なFlutterアプリ開発を行うことができるでしょう。

プラットフォームに縛られないアプリ開発を実現

Googleが開発しオープンソースのフレームワークであるFlutterは、単一のコードベースから、複数プラットフォームに向けたクロスプラットフォームアプリケーションの開発を実現します。プログラミング言語には、Dartという、高速でオブジェクト指向の言語を使用します。

共通のコードベースを使用することで、複数プラットフォームの一元管理が可能になり、開発効率は格段に向上しました。また、開発・運用にかかるコストも削減も見込めるため、アプリケーション開発が活発になっている現在、Flutterの採用が増えています。

また、高いパフォーマンスかつモダンで美しいUIデザインを構築できるため、世界の15万以上のアプリでFlutterアプリ開発が採用されてきました。

Flutter Web

従来のFlutterは、iOS・Android上で動作するモバイルアプリケーション開発向けのクロスプラットフォームフレームワークでした。メジャーアップデートのFlutter2.0より、モバイルアプリケーションだけでなく、自動的にプログレッシブウェブアプリ(通称:PWA)に自動変換可能になりました。これにより、iOS・AndroidだけでなくWebアプリケーショも含めた効率的な開発が可能となり、市場への早期リリースを実現します。

UIライブラリが豊富なFlutter

Flutterを採用することで、豊富なUIライブラリを使ったプロトタイプ開発が迅速かつ簡単に行えます。JIITAKでは、お客様のヒアリングや業界/競合分析などのUXリサーチから、ビジネスプランの選定や機能要件の定義を行います。そして、ユーザー視点とビジネス視点の両方を踏まえた上で、早期段階でビジュアライズしモックアップを作成することで実装後のイメージを膨らませ、懸念点や改善点を挙げながらより良いものへブラッシュアップしていきます。

mBaaSを活用した効率の良い開発

モバイルアプリ開発にかかる工数のうち、半分以上がバックエンド開発と言われています。そこで、mBaaS(Mobile Backend as a Servic)であるFireBaseやAzure Mobile BackendとFlutterを連携することで、ログイン認証、ユーザー情報管理、データベース、プッシュ通知、メール通知などの共通機能を呼び出し、利用することができ、スピード感のある開発を実現できます。

Flutterアプリ開発はFlutterコンサルタントのJIITAKにおまかせを

JIITAKは、Flutter開発における専門知識や実績、熟練した開発者の十分な確保、Flutterコミュニティの積極的な参加などの条件を満たした企業が選定される、Flutter公認のコンサルタントの認定を受けています。JIITAKのFlutter開発チームは、豊富な経験や知識をもとに開発だけに留まらず、戦略的な企画・設計や継続的なサポートを行うことで、Flutterアプリ開発の効果を最大化するお手伝いをします。

プラットフォーム別考慮すべきポイント

各プラットフォーム独自の機能やガイドラインなど考慮すべき事項を理解・活用しておくことで、よりシームレスな優れたユーザー体験の提供が可能になります。

iOS

ユーザーが使いやすく、統一感のある美しいインターフェースをデザインするため、デザインのガイドラインであるHuman Interface Guidelineに基づいたUIデザインを行います。Apple製品同士は互換性が高く、複数のAppleのアイテムを使うユーザーも多いため、その点も考慮していく必要があります。

Android

ユーザーに直感的で一貫性のあるシンプルなインターフェースを提供するための指針であるMaterial Designに基づきUIデザインを行います。また、Android端末は多くの種類があるため、幅広い端末とバージョンで動作するよう、アプリを最適化していく必要があります。

JIITAK での Flutter 開発事例

JIITAKでも様々なプロダクト開発を行う中で、Flutterを採用してきました。現在では、Flutterアプリ/Flutter Web開発がJIITAKの強みの一つになっています。Flutterを活用して開発してきたプロダクトは、業界を問いません。

SNS × ショッピング 新しいカタチのSNS

誰しもがスキなものを発信し、気軽に買い物することを可能にする「SNS×ショッピング」という新しい形のSNSです。アフェリエイトリンクと投稿を紐付けることで直接お買い物できる手軽さを実現し、これまでただの趣味に過ぎなかったSNSに新たなエンターテイメント性を提供しました。

オンライン英会話アプリ

既存で運営する英会話レッスンのサービス拡大、新規顧客の獲得を目指し、事業体制を変革するということで、クライアントが課題としていた点を一つずつクリアし、「学びたい人」と「教えたい人」をもっと気軽に、オンライン上で繋ぐオンラインレッスンアプリになりました。

街なかのいつもの飲食店を社員食堂のように利用できるアプリ

会社の福利厚生の一環として、まちなかの飲食店を会社の福利厚生で社員食堂のように利用できる機能の他、勤怠管理や経費精算、安否確認などの機能も集約したアプリです。社内向けで運用していたサービスを他の企業にも提供することを目指し、現状の課題を洗い出した上でリニューアル開発を行いました。

Flutter 開発
開発実績

Works

MVP
Flutter開発
どこの誰とでもではなく「人生を変えるような出会い」を提供するアプリ
Webアプリ開発
モバイルアプリ開発
Flutter開発
まちなかのお店が社員食堂に変わるアプリ「GoSmart」
モバイルアプリ開発
Flutter開発
自分のスキが価値に変わるアフィリエイト✖️ SNSアプリ
Webアプリ開発
モバイルアプリ開発
Flutter開発
スキマ時間を活用して、短時・短期で働きたい介護士と介護施設をつなぐアプリ
モバイルアプリ開発
Flutter開発
英会話スクールをオンライン英会話アプリへビジネスモデル変革

よくあるご質問

Flutterアプリ開発とは?

Flutterアプリ開発は、1つのコードベースで複数のプラットフォームに対応したアプリを構築できるFlutterというフレームワークを利用したアプリ開発です。元々iOSとAndroidなどプラットフォーム別に開発が必要でしたが、Flutterを使えば複数のプラットフォームに対応したモバイルアプリを開発することが出来ます。

JIITAKではどのようなFlutterアプリ開発を行なっていますか?

JIITAKでは、Flutterアプリ開発において幅広い業界およびプロジェクトでの経験と専門知識を持つチームで、クライアント様の要件に合わせたカスタマイズ性のあるFlutterアプリ開発を行っています。

Flutterアプリ開発で使用するプログラミング言語が知りたいです。

Flutterアプリは、Dartプログラミング言語を使用して開発されます。開発者はFlutterのUIコンポーネントを使用してユーザーインターフェースを設計し、アプリのロジックを実装します。その後、iOSとAndroidのプラットフォームにコンパイルしてデプロイできます。

Flutterアプリ開発の流れが知りたいです。

Flutterアプリ開発のプロセスは、要件収集▶︎設計▶︎開発▶︎テスト▶︎デプロイという流れで進行していきます。JIITAKでは、クライアント様と連携し、プロジェクトのニーズごとに最適にカスタマイズされた開発プロセスをご提案させていただきます。

Flutterアプリ開発の費用はどのくらいですか?

Flutterアプリの開発費用はプロジェクトの要件やアプリの機能数、複雑さ、対応のプラットフォーム数などで異なります。通常のモバイルアプリ開発では、プラットフォームごとの開発が必要で、どうしても開発費が高額になりがちでしたが、Flutterで作られたアプリは1つコードベースで開発が可能のためコストを抑え、効率の良い開発が可能となっています。JIITAKではクライアント様の予算に合わせて開発内容を柔軟に対応いたします。

Flutterの将来性は?

Flutterは1つのベースコードで複数のプラットフォーム向けのアプリを開発できる、クロスプラットフォームというフレームワークのため、開発効率の向上や、運用コストの削減など が見込めます。また、Googleという世界的な大企業が提供しており、アクティブなコミュニティもあるため、現在多くの企業が採用しており、将来性が非常に高いと言えます。

Flutterでの開発はWebアプリの提供にも対応していますか?

FlutterはFlutter WebというサービスによってWebアプリの開発もサポートしており、同じコードベースからFlutterWebアプリの開発が可能です。

Contact Us

プロダクト開発・新規事業・DX支援を行っています。
まずはお気軽にお問い合わせください。
ご相談はこちら
お問い合せ

Let’s Talk!

まずはお気軽にお問い合わせください。 担当より折り返しご連絡いたします。
092-292-9749(平日10:00〜19:00)
This is some text inside of a div block.
This is some text inside of a div block.
This is some text inside of a div block.
This is some text inside of a div block.
This is some text inside of a div block.
This is some text inside of a div block.
Oops! Something went wrong while submitting the form.